FC2ブログ
2010.07.20 ありがとう、仁。

こんばんは。
ライブ終わりで楽しそうなこのブログで、赤西仁のことにふれ、
若干くらく思い空気になりましたが、

すいません、さらに重くなります。

そして。
私の思う気持ちをそのままなにも包まず思ったように書き留めておきたいので

自分に嘘はつけません。

そして何故ですか。
なんかあたし、感動とかしないのに泣いてるよ?
まじなんでーーーー

ってほんとに好きだったんだ、6人が。
現実ってさ、残酷だよね。

昨日、次のカツマニュが仁だって気づいた。
なんてタイミングがいいんだ。
意味わかんない。
しかもあんなに1週間とか遅れる仁が、定時じゃないけど、今日のうちに更新してる。


いろんな意見があるけど、方向性の違いとかわかるけど、
私は6人のKAT-TUNが好きで、6人でかっこよくてワイルドで楽しそうなKAT-TUNが大好きで、
ファンになったから、そのままのかたちでいてほしかった。

仁が語学留学しに半年間いなくなった、あの期間だって辛かったけど待ってた。
あのときとはわけが違う。

今回は、グループで活動するKAT-TUNとソロで活動してた仁。
だってやりたいこととめるなんてしないし。


まさか今日更新させると思わなくて、でも気になってアクセスしたら更新してて、
仁の書く形で仁が伝えてくれるのを待ってたけど、
正直、「赤西仁」そのボタンを押すのにはためらったし勇気がいった。

そして、仁から「ソロ活動をしていくことに」って言葉。
方向性の違いとかなんなのまじで。

みんな好きなのに、離れないといけないってなんでなの。

「KAT-TUNには~」のくだり、まじでやばい。
一番くる笑

ファンには謝罪はあるけど「ありがとう」はないんだね、
ちょっと寂しい


これからも活動は続けていく。
ただそれが『KAT-TUNの赤西仁』でなく、『赤西仁』になっただけ。
ただの日本のアイドルじゃなくて、海外に向けたアーティストになっただけ。


仁には悪いけど、あたしは仁個人をわざわざ情報を仕入れて応援する、ってことはできない。
あたしはKAT-TUNが好き。
聞こえてくる情報にはたぶん、耳を傾けてしまう。
やっぱり好きだからね、
でも、赤西仁個人を応援し続けていくつもりはない。

ライブで仁コールなんて、ペンライトを赤一色だなんて、あたしはできない。
だってファンが一番かわいそうな子みたいな感じしてるけど、
カメちゃん、じゅんの、聖、たっちゃん、ゆっち、そして仁が一番重く受け止めてるよ、
現実だし。
なのにそんな仁コールとか私はできない、絶対にできない。

でも、KAT-TUNにいた仁の存在を消したくない。
「A」はずっと赤のままであってほしい。


私、こんなに好きなんだねー
まじないわ笑

留学より、帰国より、LIVEより、やっぱり脱退って重過ぎて言葉じゃむり
6人の後姿とか辛すぎてたまらない

プロミスソングを聞ける日はくるのかな。
スポンサーサイト



Comment

Secret